末端冷え性とは?今日からできる改善グッズやツボ、食べ物をご紹介!

末端冷え性とは、体温は平熱なのに手足など末端部分が冷えてしまう状態のことです。

体温は正常でも、血行が悪いため手や足の指先、足底などの体の端までうまく血液が行き届かず冷えてしまいます。

末端冷え性は女性、特に細身の方に多くみられる傾向があります。

ツライ末端冷え性、今すぐに体を温めて痛いくらい冷えた手や足を温めてあげましょう。

末端冷え性の改善方法

ツボを押す

末端冷え性の方は血行不良が原因なので、血行を促進させるツボを押してあげましょう。

一つ目は「指間穴(しかんけつ)」といって手の指と指のつけ根(赤丸部分)にある水かきの部分です。

ここを反対側の手で5秒間挟むように強く押すと、血行が促進されます。足先が冷える時は同様に足の水かき部分を押すと足の血行が促進されます。

筋肉量を増やす

末端冷え性は筋肉量の少なさも原因の一つです。筋肉が少ない故に血液を送り出す力も弱く、末端まで血液が巡りにくい体質なのです。

末端冷え性を根本的に改善するために筋肉量を増やす筋トレをするとよいでしょう。

また有酸素運動や、ストレッチで全身の血液の巡りを改善させると一時的ではありますが末端冷え性が緩和されます。

普段エレベーターやエスカレーターではなく階段があれば積極的に階段を使う、休日にジョギングをして体を鍛えましょう。

ジムに通わなくても自宅の筋トレで十分筋肉量は増やせます。

リラックスする時間を設ける

ストレスが多い生活は血管を収縮させ、血液の巡りを悪くさせます。

仕事や人間関係でストレスを全く感じない生活を送るのは難しいですが、1日の終わりの時間に自分の好きなことをしてリラックスする時間を作るのも良いでしょう。

リラックスすると副交感神経を優位になり血管が拡張し、血液の巡りが良くなります。

ぬるま湯につかる

お風呂は体を温めるために熱めのお湯につかりがちですが、30℃~40℃の少しぬるめくらいのお湯がベストです。

ぬるめのお湯につかることで副交感神経が優位になり血管が広がり血液の巡りがよくなります。

また入浴中に足ツボを刺激したりマッサージをするとより効果的です。

偏った食生活を見直す

血液がドロドロになると末端の血液の巡りが悪くなります。

糖質、脂質が多い食生活を送っていませんか?

特にファストフード、インスタント食品はビタミン・ミネラルが不足し熱を産生しにくい体になります。

内側から体を温められる体質にするために、5大栄養素のバランスがとれた食生活を意識することが大切です。

末端冷え性を改善する食べ物

しょうが、ねぎ、にら、ニンジン、かぼちゃ、サトイモ、ごぼうなど根菜類が◎

末端冷え性 食べ物を悪化させる食べ物

冷たい飲み物、夏野菜(ナス、キュウリ、トマトなど)、生のしょうが、白菜、キャベツ、水菜など

サプリメントを飲む

手軽に体を温める方法として冷え性サプリメントを飲む方法があります。

冷え性サプリメントには体の巡りを良くする成分や体を内側からポカポカさせる原材料が使われています。

日常で冷え対策をとることが難しい、という方はこういったサプリメントを利用するのも1つの方法です。

当サイトで紹介しているおひさまのおめぐ実は女性も男性もお子様も飲める冷え対策サプリメント。

定期縛りもなくお試しが可能なので、体の内側からポカポカしたい方にピッタリです。

おひさまのおめぐ実公式サイトボタン